歯周病について

歯周病の事、正しく理解できていますか?

歯周病とは歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれており、放置しておくと膿(うみ)が出たり、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラし、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。
歯周病の怖いところは、痛みがなく進行すると言う事です。 なんと、25歳以上の日本人の80%がかかっています。 また、口臭の原因の多くが歯周病です。

歯周病チェック

上の項目があてはまる時は、歯周病が原因かもしれません。

歯周病チェック

歯周病の原因は口の中の細菌です

歯周病の原因となるお口の中の細菌を顕微鏡で検査します。
どなたのお口の中にも300~400種類のもの細菌が存在します。
この細菌が固まり(バイオフィルム)となって炎症を引き起こします。

顕微鏡を使った細菌検査

治療の前に顕微鏡を使った細菌検査を行います。
細菌が原因ですのでまず顕微鏡でお口の中にどんな種類の細菌がいるか検査します。

スピロヘータ菌 カンジダ菌

歯周病と全身の関わり

心臓病

歯周病が進むと、菌が炎症を起こし、血栓(血の固まり)ができやすくなります。
その結果、動脈硬化が進み、 心筋梗塞や狭心症などを引き起こすといわれています。
歯周病の人は心臓病になる確率が2~3倍にあがるともいわれています。

糖尿病

糖尿病があると傷の治りが悪くなり、歯周病が悪化しやすくなります。
また、歯周病菌により糖の代謝が悪くなって、糖尿病を悪化させる可能性があることも分かってきました。

早産

歯周病の原因菌がへその緒を通して胎児に影響することがあります。
また、歯周病がある妊婦さんは早産や低体重児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。
出産前にしっかりと治しておきたいものですね。

高血圧

高血圧の治療を受けている方は、お薬の副作用で歯周病が悪化する場合もあります。
そのような場合、普通の方より歯周病のケアが大切になってきます。

高血圧

お口から肺に入り込んだ歯周病菌がそこで増殖し、肺炎(誤嚥性肺炎)を引き起こす場合があります。
特に高齢の方の場合、気管支の働きも弱いため、かかりやすくなります。

骨粗鬆症

骨粗鬆症の人は、そうでない人に比べて、骨密度が低下するので、歯周病が進行しやすくなります。
閉経後の女性に多いので、注意が必要です。

ページのトップへ戻る